2社間ファクタリングの仕組みとメリット・デメリット

あなた
ファクタリングについて調べていくと、【2社間】【3社間】のファクタリングがあるけど、違いって何?

資金繰りの繁忙感や借入の圧縮を何とかしたいと考えられると、ファクタリングという商品に目が止まると思います。

この2つのファクタリングは基本的には同じことをするのですが、使うあなたの置かれる立場などで、どちらを使うべきかは大きく変わります

確かにどちらを利用しても、資金繰り改善や借入圧縮の効果は同じです。

ですが、なんとなくの理解でいい加減にしか知らずに取り組もうとしたら、もしかしたら元になる取引にも影響を与えてしまいかねません。

そのようなことがないように、ここではそれぞれの内容についてご説明をしていきたいと思います。

2社間ファクタリングの仕組み

「2社間ファクタリング」とは、その言葉の通り「2社間」で行うファクタリングのことを指します。

まず、ファクタリングにおける登場人物を整理しておきましょう。

基本は以下の3者です。

あなた
1:利用者(あなた)
ファクタリング会社
2:ファクタリング業者
売掛先
3:売掛先(販売先)

結論からいうと、「2社間ファクタリング」とは上の3者のうち、【1:利用者】と【2:ファクタリング業者】の2社で行うファクタリングのことを指します。

つまり、「利用者とファクタリング業者だけの取引で完結するファクタリングである」ということになります。

具体的な仕組みとしては、

  1. 利用者が売掛金の明細をファクタリング業者に提出し、利用を申し込む。
  2. ファクタリング業者が提出された売掛金明細の金額から手数料を差し引いた金額を利用者に振り込む。
  3. 利用者は売掛先から入ってきた代金をそのままファクタリング業者に振り込む。

という流れになります。

この2社間ファクタリングの場合、回収された売掛金は通常通り利用者の口座に振り込まれ、それをそのままファクタリング業者に振り込みます。

ですからあくまで、利用者とファクタリング業者が同意できていれば、利用ができるのです。そのため、契約などの手続きは比較的簡易です。

 

次に「2社間ファクタリング」のメリット・デメリットを見ていきましょう。

2社間ファクタリングのメリット・デメリット

ここで2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでの違いを踏まえた、2社間ファクタリングのメリットとデメリットを紹介します。

■2社間ファクタリングのメリット

  1. 売掛先(販売先)に知られずに済む
  2. 仕組みが簡単で、ファクタリング業者と条件の同意ができればすぐに利用ができる。

メリット1 売掛先(販売先)に知られずに済む

最大のメリットは「売掛先(販売先)に知られずに住む」ここにあります。

ファクタリングという商品は非常に便利である一方で、借入などの金融商品に比べてまだまだ知名度が低いところがあります。

そのため売掛先によっては

売掛先
ファクタリングなんてよく分からないものを使わなければならないほど状態が悪いのか?

このように疑ってくるケースもあります。

仮に実際は疑われなくても、利用者の側が「疑われるかも」とか「取引に影響が出たらどうしよう」と思ってしまったら、ファクタリングを利用しようとしなくなるでしょう。

2社間ファクタリングは、売掛先に知られずに利用できるので、そういった心配が無用なのです。

 

メリット2 仕組みが簡単で、ファクタリング業者と条件の同意ができればすぐに利用ができる。

3社間では「売掛先の同意」「振込先変更の確認」などいくつかの段取りが加わりますので、取引開始まで時間がかかるケースが多いです。

一方で2社間ファクタリングだと、利用者とファクタリング業者の2社間での条件の同意があれば利用ができるので、早ければ即日などという業者もあるほど、早く利用することができます

 

■2社間ファクタリングのデメリット

デメリット1 手数料が高い

手数料が高いというのは、3社間ファクタリングの場合と比較してのことです。これはファクタリング業者のリスクが反映されているからです。

あなた
何故3社間ファクタリングに比べて、2社間はリスクが高いの?

ファクタリング業者の回収はそれぞれの商品で以下のようになります。

  • 2社間ファクタリング…利用者からの振込(売掛先から直接入ってこない)
  • 3社間ファクタリング…売掛先からの振込(売掛先から直接入ってくる)

これを見るだけで分かると思いますが、2社間ファクタリングだとファクタリング業者の側から見れば、常に流用されるリスクを抱えているのです。

当然そういったリスクは手数料に反映されますので、手数料は3社間ファクタリングに比べて高くなります。

 

2社間ファクタリングが向いている人・向いていない人

さて、ここまでで2社間ファクタリングの仕組みとメリット・デメリットを見てきました。

2社間ファクタリングの特徴を考えた上で、向いている人・向いていない人を考えると以下のようになります。

■ファクタリングに向いている人

  • 販売先に知られることなく、ファクタリングを利用したい人。
  • 目先の資金が厳しく、なるべく早く取引を始めたい人。

■向いていない人(3社間ファクタリングの方がメリットのある人)

  • 販売先と関係が良好でファクタリングの利用にも理解が得られる人。
  • ファクタリングの取引開始までの期間を待てる人。

ファクタリングを利用するにあたってのコストは手数料なので、なるべく手数料は安い方がいいわけですが、一方で販売先との関係に影響が出ては本末転倒です。

ですから、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを利用するかは主に「販売先(売掛先)の理解が得られそうか。知られても大丈夫か」が大きなポイントになると思われます。

是非参考にしていただければと思います。

投稿日:

Copyright© サルファク【即日資金調達】あなたに合ったファクタリング会社はここ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.